SHIENA WORLD

COLUMN
YOCCOの部屋

YOCCOのキレイになる魔法①

18.03.14YOCCOの部屋

YOCCOのキレイになる魔法
『言葉と身体はつながっている』

「疲れた、疲れた、疲れた、疲れた…
(以下ずっーと続く)」

結婚当初、
「今日も一日がんばった!」
そんな想いで帰宅して、
無意識に発していた
「疲れた、疲れた、疲れた…」
ある日、夫が耐えかねて、
言いました。

「ねえ、『疲れた』って
1日に100回くらい言ってるよ」
「そんなことないって、
100回も言ってないって!
「つ、、、」
「つ?」
「…」
「今、言おうとした?やっぱり、
言おうとしたよね…」

夫の指摘で初めて気づきました。
私は無意識に
「『疲れた』一日100回シャワー」を
自分に浴びせていたのです。

聞き慣れた自分の声で100回も聞けば、
マインドコントロールは完璧!
「ああ、自分は疲れているんだ」と思い込み、
その結果、毎日毎日疲れていたわけです。

そこで「疲れたと口にしない」
ということを、決めてみました。
そして何事も、まずは自分で試してみないと、
気が済まない性分なので、
「疲れた」と言わなくなってからの、
自分のカラダの状態を観察しつづけました。

すると何度か「つ」と言いかけては
「言わない、言わない」
と思って気をつけているうちに、
「疲れた」という口癖は影をひそめ、
身体も不思議と「疲れない」のです。

「疲れない」というのは、
感覚なので「気のせい」
と言われるかもしれません。
でも帰宅してからも、以前とは違い
「身体が楽に動かせて、
考え方も前向きなまま」なのです。
やはり自分の発する言葉は、
自分が一番よく聞いているのですね。

それ以来、『言葉と身体はつながっている』
ということを意識して、
自分が心地よいと思う言葉を、
いつも自分に聞かせるように、
日々を過ごしています。

寄りみち