SHIENA WORLD

COLUMN
YOCCOの部屋

シエナ誕生秘話 4

18.04.04YOCCOの部屋

『ゼロからの出発』 

美容院を辞めるとき、
私なりのけじめとして、
お客様を引き連れて辞める
という事は、しませんでした。

しかし待っていた現実は
「お客様はゼロ、
当然、売り上げもゼロ・・・」
という厳しいものでした。

今思えば当たり前ですが、
看板も宣伝も無いサロンを、
お客様に見つけてもらえる
はずがないのです。

そんな時、
ふと、窓から見える光景に、
道路工事の旗振りが目に飛び込んできました。

もしサロンが上手くいかなかったら、
ああいう仕事をしてでも、
やり抜いていこう。
という決断したのを覚えています。

 

そこで、
ある会員誌にコネクションのある夫に頼み込み、
「スピリチュアル・ビューティー・マジック」という
エステ・アロマ・エネルギーワークの
施術者を集めたユニットメンバーの一人として、
会員向けサービスメニューに掲載してもらいました。

すると徐々に申し込みが増え、
ユニットの中では、
一番人気のメニューとなっていきました。

 

六本木に事務所を持つユニットメンバーに、
予約の入った時間だけ場所を借り、
折り畳み式の施術ベッドやタオル、化粧品一式を、
白金から六本木まで
タクシーで運んでセッションを行っていました。

毎日、ベットをタクシーで運んで、
また、それを持って帰るのは、
体力のある私でも、
かなり大変なことでしたので、
夫に頼み、越してきたばかりの自宅で、
サロンをやることにしました。

こうして、
自宅サロンが始まったのです。

しかし、不思議なことに、
そんな一つ一つの経験が、
私の今の自信につながっている。
と感じています。

 

寄りみち