SHIENA WORLD

散歩シリーズ

エステの社長、 散歩で妻と怪獣談義

19.04.21散歩シリーズ

私たち夫婦は散歩しながら、
夜空に浮かぶ東京タワーを眺めていた。
夜の東京タワーには、
どこか現実ばなれした美しさがある。

 

わたしは、さらにもうひとつ。
そこには存在していないビジョンをも見ていた。

東京タワー上空を舞うモスラだ。
人は目の前の現実だけでなく、
ビジョンをも見ることができる特異な生物だ。

妻とスタッフについて話すうちに、
色々な個性がいて、
さながら怪獣映画の様だという話になった。

 

怪獣というのは、
その個性を極端に表現したものだから、
どの怪獣もキャラが立っていて、
他と似ていない。

でも人間は、
見たこともない怪獣(新たなビジョン)
を恐れ、「悪」のレッテルを貼り、
すぐ攻撃するけれど、
怪獣には背景があり、
知るほどに応援したくなる。

私は怪獣が好きだった。
ウルトラマンよりも
怪獣の方を応援していた。

シエナには現在、
ゴジラ、キングギドラ、ガメラ、モスラ、
バルタン星人、ウー、ジャミラ、ゼットン
がいて、いずれその個性も紹介してみたい。

エステで怪獣について語っても、
いったい誰が読むんだ!?と思うけれど、
まあいいや、
怪獣を愛しているんだからしょうがない。

「ところで、あなたは何の怪獣なの?」
と妻に問われ、
脳裏に浮かんだ怪獣は
「ジェロニモ」だった。

ジェロニモは、
怪獣族の尊長で、ヒゲを蓄え、
こっちの世界と、あっちの世界を、
行き来する怪獣。
戦い方も他の怪獣とちょっと変わっている。

一度ウルトラマンに倒された怪獣たちを
蘇生させて、チームを組んで、
地球にリベンジをかけるという、
奇想天外な怪獣蘇生プロデューサーだ。

これは子供だった私に、
新たなビジョンを与えた。

そして、
ゴジラという最強キャラクターを妻にして、
シエナはユニークなエステとなり、
古い体質のエステに、
リベンジをかけるのだ〜!!

寄りみち