SHIENA WORLD

白金百景

2 春夏秋冬

18.02.03白金百景

さて、港区白金台は?
春は

皇后陛下の後輩にあたる、小さな女学生たちがバス停にあふれ、

新小学生の男の子たちは、探検ゴッコでシエナ本館の裏庭へ入ってくる。

2年草の大根花が、裏庭を薄紫一色にして、その間を蝶が舞い、

シエナ別邸の池では、鯉の赤ちゃんが生まれる。

福沢さん(亀)の為に創った神社があるシエナ別館の屋上、

そこからから見る優雅なオレンジ色の空は、

都心とは思えないほど大きく、

黒沢明の「生きる」という映画を想いおこさせるほど美しい。

カラスたちが、国立自然教育園の森で待つ雛の元へ、

夕日をバックに帰って行く。

 

秋には

プラチナ通りの樹齢80年クラスの銀杏の街路樹が色づき、

歩道に落ちたギンナンが匂うので、踏まない様に歩く。

落ち葉の掃除は毎年大変だけれど、

本館の裏庭を一面黄金色にする天然の絨毯はどこか暖かい。

 

冬の白金台は

本館の小路に雪が降ると、翌々日までなかなか解けない。

スタッフ総出でゲストが通れるように、雪かきをする。

猫のしじみは、2Fのテラスで丸くなって寝る。

本館の床には囲炉裏が掘ってある。

 

 

そして16年前

白金台駅開業一年後で、まだ目黒通りにはマンションも少なく、

夕方になると、人の数と散歩する犬の数が同じくらいで、

子供をほとんど見かけない大人の街でした。

その頃、シエナは都ホテル向かいのマンションの一室で生まれました。

 

 

時の流れ

 

 

68年前

旧朝香宮邸は一時首相公邸として使われ、

吉田茂と白洲次郎による日本の再独立に向けた舞台となり、

その後、国賓、公賓の迎賓館(白金迎賓館)として、

赤坂迎賓館開設まで使用されました。

 

 

時の流れ

時の流れ

 

 

107年前

19世紀フランスのアミアンで、聖マグダレナ・ソフィア・バラにより、

創立された女子のための寄宿学校、聖心女子学院は、

その後4名の聖心会修道女によって日本へ、

1908年語学校開校、翌年白金三光町に校舎・正門が落成しました。

 

 

時の流れ

時の流れ

時の流れ

 

 

130年前

後にヘボン式ローマ字で知られるヘボン博士による横浜ヘボン塾の後身、

東京一致英和学校、英和予備校と、東京一致神学校の合同により、

明治学院が白金に設立されました。

第一回卒業生は島崎藤村など20名でした。

 

 

時の流れ

時の流れ

時の流れ

時の流れ

 

 

もっと前 

白金一帯には、平安時代から室町時代にかけて豪族の屋敷が点在していた。

雑色(天皇の秘書役)柳下上総介が国司としてこの地を開墾、

白金城とも言われた屋敷を構えた(現国立自然教育園と伝えられる)

大量の銀(しろかね)を持つ長者だったことから、白金長者と称され、

一帯はいつしか白金村と呼ばれるようになった。

 

時の流れ

時の流れ

時の流れ

時の流れ

時の流れ

 

いにしえのころ

3 殻

寄りみち