SHIENA WORLD

本当のエステ

エステはスポーツではない

18.02.03本当のエステ

相撲はスポーツのような単なる競技ではなく、

そもそも神にささげる行為、つまり神事である。

 

昔々、相撲で一番強い力士は大関だった。

もし、相撲がスポーツで、単なる競技ならそれで良かった。

どんな手を使っても勝ちは勝ち、と言う面がスポーツにはあった。

しかし、大関の中にただ強いだけじゃない力士が出て来た。

もちろん強いのだが、単に戦績だけでなく、勝ち方が立派だった。

ルール上で負けても、内容的には明らかに勝っていたり、

それまでの見方では括れないスケールの相撲をした。

 

例えば、

相手が無理な体制から捨て身で投げを打つと、

彼は負けるのを承知で、相手にケガをさせない為に自ら手をついた。

ルールで負けても、内容が勝っているという美を、

人々は理解し始め「かばい手」という決め手が生まれた。

 

彼は、土俵以外でも人々から慕われ、人々は彼に近づき体に触れた。

まるで仏像に触れるとご利益があるかのように人々は感じていた。

そして実際にご利益はあった。

人々を明るく、そして元気にした。

 

彼は、何と言うか・・・その・・・つまり「より素晴らしい力士」だった。

人々はその力士を大関以上の、特別な価値のある存在だと感じていた。

そして彼は、いつしか「横綱」と呼ばれるようになった。

 

[フリーイラスト] 力士

 

わたしは、エステだって本当は神事ではないかと思っている。

「寸法や体重の減り具合を争う競技」ではなく、

天から授かったカラダを、大切にする神聖な行為なんだから。

 

物体としての身体の健康ではなく「生命の健康」

見た目バランスだけの美ではなく「人としての美」は、

神社の鳥居をくぐる度に、気持ちが静かに深まって行くように、

神聖な場に通い、接し、話し、触れ、関わりを積み重ねることで、

ひたひたと精神に宿って行くもののように思っている。

寄りみち